[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を達成したオレの雑録゛

アラカンで920点取得した後の雑駁な日々

極私的・素点換算の活用

公式問題集の素点換算スコアは、『今』あなたが何点くらい取れるのか?について、大まかではありますが推定できます。

前回のエントリの引用:

つまり、答えを見る前に、1周目と2周目を同タイミングで解いていくわけです。

こうする事で、1周目の素点換算では「今、このレベルのフォームを初物で受けたら何点くらい取れるか」の目安がわかるし、2周目の素点換算では「同じフォームを初物で『時間を掛けて解いたら』何点くらい取れるのか(リアルな英語の基礎力)」がわかります。

このスコアは、もちろん、あくまでも目安にしかなりません。

が、事実として、私の場合、直近で受けた本番の実際のスコアが、直近で解いた公式問題集の 1周目の換算スコアと大体同じ(または、それに数10点加えたくらい)になる事が多いようです。
私の実際のスコアは700点台後半から800点台前半に集中しています。

素点換算を見ると、初回の1周目が720~790。
2周目の精聴・精読時に840~910くらい取れています。

つまり、精度と速度さえ上がれば、常に レベルA は行けると言う事ですね。
逆に言えば、そこが上がらない限り、永遠に レベルB のままです。

レベルB での話なら、「TOEICのテクニック」的な部分で結構対応できる事もありますが、レベルA 以上の話になると、速度は精度の高さに付いてくるものなので、結局、精度を上げる=ジェネラルな英語力を上げる、にかかってくるわけです。
いや、わかっちゃいるんだけどね…。

では、素点換算に使用しているツールを公開します。
以前は Excel でしたが、今は Googleスプレッドシートにしています。

スコアの算出については、実際のアルゴリズムは当然わかりようもないし、そもそも相対配点だし、と言う事で、レンジの真ん中の値を取るようにしています。

使用方法は「使用方法シート」に記載していますので、ご確認を。

では、 今から 1/13 まではブログの更新はしません。勉強します!

第237回を受ける皆様、Good luck!!


(2020年4月)リライトしました。使用方法について、少し詳細に書きました。

<追記>
たまさかに、Googleスプレッドシートの編集権限リクエストをいただきます。

えーと、そうではなくて…。😅

編集権限が無くてもご自身のアカウントに複製できますので、まず複製してください。
複製してしまえば、それは皆さんの所有物ですので、編集は自由自在です。

私のスプレッドシートを編集する意味はありませんので。

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ