[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を目指すオレのためのブログ

アラカンの老兵SEがTOEIC900点超えを目指す!

【祝・900達成!】フリー、バドカンファンに捧ぐ「うっ(例のあの音)」【下ネタあり】

先般、2回目のTOEIC900点を達成したワタクシ。

久しぶりの「喜びの舞い」シリーズの開幕です。

特別お題「わたしの推し

として、まずは昨年5月に書いてあった下書きのデッドストックを放出。

それでは、どうぞ!


なんかー、説明しておかないと死んでも死にきれんと思ったので、終活の一環で説明させていただくー!

この記事に書いた話なんですが。

まぁ、もちろん、どう考えようとも個人の自由ですけどね。ァハ♥

これと、

もちろん、どう考えようとも個人の自由ですもんね。ンフ♥

これ。

これはね。フリー(レッチリの Flea ではなくてバンドの Free ね)、バッド・カンパニー、そして最近ではクイーン+ポール・ロジャースとして知られる、ヴォーカリスト、ポール・ロジャースの真似なんです。

あー今、聴こえました。画面の向こうで「えー!!ポール・ロジャース聴いて半世紀、そんなん知らんわ!」って言う、フリー、バドカンファンの声がw

説明いたしましょう。

まずは、Free の “Fire and Water” をCD棚(ま、レコード棚でもいいですが)から引っ張りだして、“All Right Now” を聴いてもらいましょうか。

サブスクでも YouTube でもよいよ。
斯く言う私も、CD はどこにあるかわからないので、つべで聴きます。

………うぉー、いつ聴いてもカッケェー!このリフ!………(ァハ)…………………

……さすがにオレは半世紀は聴いてないけど、まぁ30年以上聴いて、いまだにカッコいいって思うもんな。………(ウッ)………………………

…サイモン・カークのドラムなんて、そぎ落とし過ぎだよ、もう!(激賞)…………

………来たよ、ポール・コゾフのソロ!ちりめんビブラート!!(爆賞)………… 

……………で、このアンディ・フレイザーのベースソロな!……ウワモノであり、ボトムでもある。それが、分かち難く存在するベース弾きのためのお手本のようなベースだよなぁ(絶賞)……………

……………うーん、やっぱ名曲だわ。………………………………

………………………………ハッ!

うっかり、通しで普通に聴き終えてしもたわw

ウアカリいただけただろうか。

曲の端々でポール・ロジャースが「ウッ」とか「ァハ」とか「ンフ」とか言ってる、アレ。

まぁ、もちろん、どう考えようとも個人の自由ですけどね。ァハ♥

もちろん、どう考えようとも個人の自由ですもんね。ンフ♥

これは、ポールのアレを意識したものだったんですねー!

「わかるか!」

いや、お言葉ごもっともw

因みに、昔むかぁ~しに読んだ『ロックの王者』って言うバカ小説の中の「ポール・ロジャースとアリス・クーパーが屋台で一杯やっているシーンw」では「うっ(例のあの音)」と表現されていました。*1

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20220105225848p:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:『ロックの王者』って言うバカ小説:ブライアン・イーノがキ💣タマを遥か彼方に飛ばされてしまう、と言う話w

いや、こんな品性下劣なことを私も書きたくはない。書きたくはないが、間違いなく、そう言うプロットの話なんだから説明上、仕方ないでしょう。

私もほとんど記憶が定かではないけど、一応、詳細を書きました。
どーしても!内容に興味があると言う奇特な、そして真にプログレッシブなwあなたはこちらへどうぞ。

とてもじゃないが、ここに内容は書けないw。記憶から呼び起こした登場人物だけ書いておくー。