[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を目指すオレのためのブログ

アラカンの老兵SEがTOEIC900点超えを目指す!

【月報】学習記録・所感(2021年05月)

【月間】サマリー

さぁ~て、先月の学習成果は?

  • 報告期間:2021/05/01(土) ~ 2021/05/31(月)
  • 1ヶ月の平均学習時間:26分 ※前月比 (+7分)
  • 1ヶ月の総学習時間:13時間26分 ※前月比 (+3時間52分)
  • 使用教材:900点特急パート5&6, iKnow!, でる1000問, でる模試, やどかり模試, 金のフレーズ, 公式問題集
  • 記録開始日:2019/02/11
  • 記録開始からの日数:841日
  • 記録開始からの平均学習時間:30分
  • 記録開始からの総学習時間:420時間48分

こんな感じでした!

学習内容 学習時間
900点特急パート5&6 1時間3分
iKnow! 2時間35分
でる1000問 58分
でる模試 2時間46分
やどかり模試 17分
金フレ 2時間22分
公式問題集 3時間25分
総計 13時間26分

【月間】教材ごとの使用率

f:id:pojama:20210601001450p:plain

総評・所感

まぁ、こんなもんですかね。

いや、全然少ないのは重々承知ですが、まぁ、こんなもんでしょ、for now。

ところで、今日は、こんな話をしようと思いましてな。

「酒酔い勉強」は身につくのか?

私は、お酒は全然強くないんですが、「浅酌低唱 寝た間は仏」が座右の銘であるくらいなので、自宅でほどよく酩酊するのは好きです。

で、「飲んだら乗るな」じゃないけど、以前は、酔った状態で勉強したことはありませんでした。

と、ここまで書けばおわかりかと思います。

最近、「酔った状態で勉強しても実になるのか」「普通に問題が解けるのか」と言う命題について、自らの身を挺して実験を行っておるわけにて。

いや、そもそもが、5月22日(第268回の前日)に、ここのところの月例になってしまっている「前日の詰め込み勉強」をしている時に、呑んでしまったわけでして。

だって、しょうがないじゃん!
出かけたら美味しそうなラザニア見かけて、買っちゃったんだもん!
ビール呑むしかないじゃん!
(逆ギレw)

その後も、何回か、「呑んだら勉強」と言うのをやっています。

で、結果として、

「実になるのか」

これは、KPI の設定もしようがないので、よーわからん。

「普通に問題が解けるのか」

これは、泥酔してなければ全然イケますね。

特にスピードが落ちている感じもしない。

むしろ、 

「酔勉!酔えば酔うほどよく解ける」

って感じがする。
(BGMは『拳法混乱(カンフージョン)』四人囃子でお願いしますw)

やるなら、公式問題集かな。

一応、事実を提示しておきます。

以前も書いたとおり、かつての私は公式問題集の「初回1周目の初解き」の時に、素点換算で 700点台しか取ることができませんでした。

それが、去年の10月から 800 を超えられるようになりました。
(そもそも公式の初解き自体、その前は、2019年1月が最後でしたが)

以下が、去年10月から最近までの「初回1周目の初解き」の素点換算推移です。
(予想スコアは、換算レンジの真ん中の値を使用)

f:id:pojama:20210531225602p:plain

第268回 公開テスト前日の22日とそれ以降、数日に渡り解いていたのが、一番下に記載した、公式5集のTEST2 です。

リスニングは、パート4のほとんど。リーディングは、パート7のほとんど、を酔っ払った状態で解いています。
(細切れに解いていますが、全体の時間は、本番と同じ時間になるようにしています) 

ね?全然できてますでしょ?

まぁ「呑んでなければ、もっと取れたのでは?」って疑念もありますがw

公式問題集以外だと、「高地トレーニング」系の問題集を精聴・精読で、なんてのも選択肢としては、いいんじゃないかと思います。

でる1000とか「心を折られる」系は、心身を苛むので、呑んだ時は止めといた方がいいでしょうね。
(健康な時ですら、ヤラれるからな、アレはw)

ボキャビルは…これも微妙感あるね。なんかー、これは実にならない予感がする。

なので、酔っている時は、ボキャビルはやりません。

今のところ、初解きできる公式問題集は無くなってしまったので、当面は、呑んだ時は、でる模試かなー、なぁんて考えています。

って、何で呑むこと前提なんだよw

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ