[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を目指すオレのためのブログ

アラカンの老兵SEがTOEIC900点超えを目指す!

TOEIC 第259回(2020年12月6日)に申し込んだ

第259回の申込完了

2020年12月6日午後の第259回に申し込みました。

いやー、以前は「申込を失念したー!」みたいな話でない限り、「申込」すること自体がブログのネタになんてならなかったですが、今や「申込」は完全に「投稿のトリガー」となるイベントですわね。カテゴリーにしちゃったものw

締め切りは本日15時。
私、今日はお休みでして、ギリギリに申し込めばいいや、と思っていたんですけど、先日の午前申込の締切の日、

次回申込の順番待ちのため、サイトに入れないキュー待ち状態になっていたんです。こっちは申込じゃなくて結果が見たいだけなのに。そうじゃなくて冗長化しろよ、って言いたいw

   ↑
こんなことがあったので、一応、夜のうちに申し込んでおきました。

ただ、実際には、今日の昼と15時ちょい前にログインしてみたところ、普通に申込できそうな感じでした。

やはり、「皆さん、TOEIC午後受験をご存じない」ような気がしてしまうなぁ。
もしくは「翌日月曜で仕事/学校だから、日曜の午後の受験で遅くなりたくない」と言うのもあるかもしれませんね。
別の観点で、前回は結果速報と申込締切がかぶってしまい「アクセス数が多かったためにバランシングされた」と言うのも考えられます。

最初のうちは、午前も取ってみようと考えていて、今回は午前にしようかな、と思ってはいたんですが、前回の第253回の試験会場が思いのほか遠かったことを鑑み、もう午前の試験は基本的に申し込まないことにしました。

木更津とかにされたら、午前だと目も当てられないですから。*1
ま、本当に木更津になったりしたら、たとえ午後だとしても、もう前乗りして、どこかに泊まりますけどね!

難易度は本当に下がったのか?

さて、今週のお題を挟んでしまったので、間が空いてしまいましたが、第253回の結果速報の投稿で私が書いたこの件。

それでも、このスコアが取れたと言うことは、やはり、難易度については、若干の手心が加えられているような気がします。

これに対して、Ippo-san (id:Ippo-san) さんからブクマコメントをいただきました。

考え過ぎと思います。「難易度は調整されてスコアを計算したりしているようだがそれでも実際のスコアは実力比+-25ほどの範囲になってしまう」と聞いたことがあります。

そうなんですよね。この話は私も聞いたことがあります。

実際、これこそが「ガチのブレークスルーなかりせば、点数も上がること、是無し」と言う、TOEICスコアの相対配点の神髄だと思います。

私自身、600点台への最初の突破口を見つけるまでは、半年以上、まさしくこの状態だったし、今に至っては、「もう何年、同じ場所に突っ立ってんのよ」と言う感じだし。*2

ただ、今回の場合は、10ヶ月前に受けた最後の試験と較べて、あまりにも難易度に開きがあるような気がしましてね。難易度を相当下げたように思えたんです。

じゃあ「そう思えるほど、実は進歩したのか」と言われれば、もちろん、そんなことは無いわけで。
(これは 100%の自信を持って言える!)

いずれにせよ、事実として、

2018年12月から 10回受験
平均:813.5
最高:835
最低:795
(まさに「実力比+-25ほどの範囲」)

って書くと、やはり「進歩していないから同じ場所に立ってるだけ」と言う現実を突きつけられる思いがしますな。

2018年12月が 820。直近の2020年10月が 825。右肩上がりってわけでもないですからね。

何故、今、勉強を継続できないのか?

そして、ここで、とものり (id:tomonori713) さんからいただいたコメントに返信した件について。

勉強を継続できない人は、きっと、幸せな人なのだろう。

病気に効く英語の学習 - とものり的日常

私個人の話をすると、コロナ禍の前と現在では「勉強を継続できない」の意味合いが変わってきています。

以前の私は、単に怠惰だから継続できなかっただけです。
そう言う人生を歩んできたし、そう言う性格だから。

そんな私でも、600点台、700点台、800点台、それぞれの壁を越える時には、それなりに努力はしていました。

特に、600点台、800点台の時は、ある程度、継続した勉強によって勝ち得た結果だと思います。

でも、今は…。

とにかく今は、頑張れない。

今、英語学習で overload すると、間違いなく仕事に影響が出る。

前にも書いたけど、「状況が頑張りを許さない」。そんな感じなんです。

相変わらず、在宅仕事で定時上がりするとクッタクタになるし。

出社したら出社したで…って、まぁいいや、愚痴は。*3

ま、そこも含めて「甘えだ」と言われれば、返す言葉もないけどね。

とにかく、ホントもう勘弁してよ、コロナ君よぉ~、って感じですよ。

世間的には「収束/終息に向かっている」感があったりしますけど、私の中では、と言うか、私のいる環境では、以前にも書いたとおり、

"In the midst of COVID19!"

です。まだまだ、真っ只中です。

それでも、他の国と較べたら、まだだいぶ、マシな状況ではあるだろうけど、日本だけが収束しても、どうにもならないですしね。

これ、全世界の問題だから。*4

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:木更津:多分、ここが千葉では最南端の会場だと思われる

*2:「もう何年、同じ場所に突っ立ってんのよ」と言う感じ:って、ヤカマシイわ!w

*3:出社したら出社したで:個人的には、出社の方がマシですけどね。理由は言わないけど

*4:これ、全世界の問題だから:まぁ、今さら私が声高に言う必要もないでしょうが

【今週のお題】芋酒、芋なます(鬼平犯科帳)

今週のお題「いも」

TOEIC関連で他の話を書いていたんですが、今週のお題が面白かったので、まずはこちらを放出。

芋と言えば、鬼平犯科帳に出て来る、芋酒、芋なます。
つい最近、たまたま偶然、ドラマのDVDを観ていたので、この話でもします。

私は池波正太郎のファンで、特に「鬼平犯科帳」と「剣客商売」が好き。
今でこそ、何年もテレビを見ない生活を送っていますが、ドラマの方も大好きでした。

で、芋酒、芋なますが出て来るのは「兇賊」と言う話。

老いてからは足を洗って居酒屋を営む、老盗・鷺原の九平(さぎはらのくへい)が話の中心。

私は、中村吉右衛門版の1989年のレギュラー第1シリーズ第9話と、2006年のスペシャルの2話、DVDで持っています。
第1シリーズ第9話の九平は米倉斉加年スペシャルの九平は小林稔侍。
1971年の松本幸四郎版もBSで観たことがあります。曾我廼家五郎八が演じる九平もなかなか味わい深かったな。
丹波哲郎版、萬屋錦之介版は観たことが無い)

この九平が居酒屋で出すメニューが、芋酒、芋なます。

芋酒の作り方は3話共通で、「山芋を擂って練り込んだ燗酒」というもの。
でも、芋なますは、上記3話とも違う感じの食べ物でした。

  • 幸四郎版:
    単に山芋をなますに刻んだものに見えたけど?録画したものが無いので詳細不明
  • 吉右衛門版:
    茹でた小芋とコイやスズキなど魚の「なます」に、合わせ酢をかけショウガを添える
  • 吉右衛門版(スペシャル):
    上記と似てるけど、見た感じ、里芋は大き目で、魚も細かく切られたものではなかった

個人的には、実際に食べたり呑んだりしても、特に美味そうにも思えないんだけど(池波先生ごめんなさいw)、原作やドラマで出て来ると妙に美味しそうなんですね。

食べた時の平蔵のリアクションもいいんだよね。

  • 幸四郎版:
    「こりゃ美味ぇな」と言っていた記憶
  • 吉右衛門版:
    「うん、こいつは妙だ。乙な味がする」*1
  • 吉右衛門版(スペシャル):
    「…おい。お前ェ、若ェ時に修行したな?」

因みに、スペシャルで夜鷹・おもんを演じた若村麻由美が、妖艶で情感ダダ漏れの凄みのある演技でした。
こんな凄い役者だって、これを観るまで認識してなかったなー。

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20190314040514j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:うん、こいつは妙だ:これ、一応説明しておくと「こいつは変だ」ではなくて「妙味がある」つまり「言葉にできない美味さだ」と言っているんです

TOEIC 第253回 結果速報(2020年10月4日)

速報、来ていました。

なかなか TOEIC SQUARE にログインできませんでしたが、14時半くらいに、ようやく確認できました。*1

第253回のスコアは?

2020年10月4日(第253回)の結果は以下のとおりでした。

825(L435  R390)

f:id:pojama:20201019155455p:plain

でした!

前回の 700点台落ちから 800点台に復活
思いのほか、取れてました。

リスニングの 435 は過去最高タイです。

パート1 とパート3 が結構、難しかったですが、「永遠の苦手パート」であるパート2 が普通に解けたのと、パート3、パート4 で先読みのリズムが崩れなかったのが奏功したと思います。

リーディングは若干低めの 390

とは言え、今回、意識的に「遅読み」して、トリプル・パッセージはほとんど解いていない状態ですので、「解いた部分の正答率」は、そこそこ高かったのだろうと思います。その点では、これまでに取った 390 とはちょっと違う意味を持っているかな、と。

つまり、あとは、スピードってことですね!

これぃ、もっとスピードぢゃ。*2

やっぱ難易度を落とした?

さて、私がコロナ前に最後に受けたのが、去年2019年第246回。

あの難しさを考えたら、今回、感覚的には、2年くらい前の問題を解いている感触がありました。

いや、今回だって難しかったですよ。
でも、当日の所感にも「めっちゃ難しかった」とは書かなかったし、最後に受けた去年12月の第246回は、もう絶望的に難しかったんですよ。

で、何度も言うけど、今回の私は「何ヶ月もノー勉を継続」の状態で試験に臨んでいます。
(エラそうに言える話じゃないw)

正直、2回連続の700点台落ち、しかも、新形式問題以降では初の「790以下の最低点」を更新してしまうだろうな、と言うのを覚悟していました。

それでも、このスコアが取れたと言うことは、やはり、難易度については、若干の手心が加えられているような気がします。*3

コロナ禍により、何ヶ月も試験がなかったことに対しての運営側の忖度・斟酌があったように思うんですよね。

考え過ぎですかねぇ。

でも、もし本当にそうだとしたら、私のような怠惰なノー勉者はさておき、ちゃんと日々学習を続けている人に取っては「スコア爆上げ」のチャンスじゃないか、と思います。*4

ま、それもこれも、抽選が通れば、の話なんですけどね。

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:TOEIC SQUARE にログインできませんでした:次回申込の順番待ちのため、サイトに入れないキュー待ち状態になっていたんです。こっちは申込じゃなくて結果が見たいだけなのに。そうじゃなくて冗長化しろよ、って言いたいw

*2:これぃ、もっとスピードぢゃ:説明はしないw

*3:難易度については、若干の手心が加えられている:もちろん、あくまでも私の個人的な感想です

*4:「スコア爆上げ」のチャンス:「難易度が落ちた状態で上がっても意味ないじゃん」と思うかもしれませんが、スコアが上がると言うのは、学習を継続していくモチベーションの維持には端的に言って極めて重要

TOEIC 11月15日午後(第257回)当選!

1つ前の記事で、もりさん (id:morisan3rd) のコメントに

次回は11月の午後を予定。
当せん連絡は来週ですが、さて結果は…。

と返信したんですが、今日、当せん結果が来てました。

あれー?こんなに早いのか。

もしかして、これって、プライオリティサポート枠なのかなぁ。

まぁ、他のTOEICerなブロガーさん達がどう書いているか、しばらくの間、チェックだな。

それにしても、なんかー、「某・落選祭り」の再現になるか、と思ったら、すんなり当選。*1

あの時の くじ運がプールされて今、払い戻されてる感じ?w

いやー、だったら、オレはあの時に当選して欲しかったなー。*2

あ、それと考えたんですが、1つ仮説としては、「皆さん午後便があることをご存じない」ってのも無いとは言えないですよね。

だから午後便の方が空いているのではないか、と言うね。

午後便の方が有利なのにね!!

いや、私が午後にしたのは、別にチート狙いじゃないからね!!!w

ともあれ、2ヶ月連続で受けられることになりました。

適度に適当に適切に墨滴に頑張ります。

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:某・落選祭り:説明はしないw

*2:あの時に当選して欲しかった:説明はしないよ!ww

TOEIC オレの第253回 所感(2020年10月4日)

うをー!このタイトル、超・久々!

さて、TOEIC L&R Test 第253回を受験された皆様、お疲れ様でした。

では、本日の経過と所感を。

受付前

今回はとにかく試験会場が遠いので、行くまでがちょっと疲れました。
それ以外に、会場近辺についても、アレコレ思うところはあったんですが、TOEIC とは関係ないので、ここでは触れません。

いつも受付前に口にする試験開始前ジンクス(のカケラ)の糖衣喰(チョコレート)は、今回は、最近仕事のお供にしている、明治オランジェットビターチョコレート。

だったんですが、何故か食べるのを失念。
試験後に糖分補給で摂取しましたw

受付

プライオリティサポート。これまで何度か申し込んで、その度に中止だったりしていたのですが、ついに初めて行使しました。

いつも補聴器使用の旨を申告するのも、今回は特に申告なし。
(補聴器使用+前方の席の優先確保がセットです)

受付時に受験者のリストを見ると、私ともう1名が別枠に記載されていました。
この2名がプライオリティサポート申請者と言うことでしょうね。
(もう1名の方が、何を優先してもらったのかはわかりませんけど)

で、席は、スピーカーのド真ん前でした。
そうか、これがプライオリティサポートの威力かw

難易度・感想

Part1 が以下のフォームでした。(あとの3つは忘却)

  • コーヒー持ち女と書類指差し男
  • ラダー乗り男とラダー支えセーター女
  • テーブルと椅子と閉められたキャビネ

難易度

主観ですが、一応書いておきます。
(パートごとの難易度について、人の意見は参考にならない、と言うのが私の持論)

Part 1 : やや難
Part 2 : 普通
Part 3 : やや難
Part 4 : 普通
Part 5 : やや難
Part 6 : 普通
Part 7 : やや難

感想

【Part1】
「ラダー乗り男とラダー支えセーター女」は remove と思わせておいて、実は「take/put on/wear」問題だったでござる。
と思いましたが、どうでしょうか?あんまり自信はありません。
2問くらい落としているような気がします。

【Part2】
割と普通に対処できたかな?
マギーがあんまり登場しなかったような気が。*1

【Part3】
やっぱ、これが今回も一番ヤバかったです。
ただ、こないだの「TOEIC公式みんなで模擬受験」よりはだいぶマシ。
3問のうち1問落とすパターンも結構ありましたが、先読みのリズムが完全崩壊した箇所は無かったと思います。

【Part4】
割と普通に。
投稿時に書き忘れたけど、1点追記します。リスニング終わりにお茶を一口、飲みました。
(コロナ以降は、試験中の水分補給が許されています)

【Part5】
引っ掛けを疑って長考した問題がいくつか。
逆に結構落としたかも。

【Part6】
普通な感じ。

【Part7】
Part7 に入ったところで、残り55分くらい。

「単文の連なりなのに正答っぽいのが見つからず難儀の上、塗り絵」と言う一番良くないパターンに陥ったのが何問か。
トリプル・パッセージ12問残しで塗り絵。

チャットログは、設問の時刻から2個以上前の発言への返信だったりするので、注意が必要なんですねー。
今さらなんだけど、最近ようやくわかってきましたよ。

まとめ

先日、遅ればせながら着手した「TOEIC公式みんなで模擬受験」と較べると、パート3 が「難→やや難」で若干簡単だった代わりに、全体的には「やや難が多い」感じでした。

「みん模試」が、790(レンジ:765~810)だったので、大体、それと同じか、ちょっと低いくらいかなぁ。

もうひとつふたつ、何らかのブレイクスルーがないと、800ホルダーには戻れないね、こりゃ。

実は、前回の「みん模試」と今回の第253回。パート7のアプローチを変えているんです。

去年受けていた時よりも、ちょっとゆっくり目に読んで、取りこぼしのないようにしてます。

だから「みん模試」15問塗り絵。今日の第253回は 12問塗り絵。
ほぼほぼ、トリプル・パッセージに辿りつけていない。

去年2019年に受けた試験当日の投稿を見ると、トリプルの塗り絵は、どれも大体数問です。(5問以下)

今のアプローチの方が、取りこぼしは減っているはずだけど、やはり10問以上が塗り絵だとリーディングのスコア自体はガクンと落ちちゃいますよね。

これを単なる後退から瞑眩(「めんげん」。好転反応)に昇華するには、どうすればよいか?

ま、それは単純に勉強を頑張ればいいだけの話なんだけど、どうもね、また愚痴を吐いてしまうと、「今の状況が頑張りを許容しない」みたいな部分があるわけでしてね。

そこを越えて頑張るからこそのブレイクスルーだ、ってわかってはいるんですがねぇ…。 

いずれにせよ、公開期限間際に「みん模試」をやっておいて本当によかったと思います。
アレがなかったら、なんかー、なし崩しの大崩壊になっていたような気がする。

とりあえず、また受けられるようにはなったので、年内もう1回くらいは受けたいですね。

試験後

f:id:pojama:20201004185347j:plain

いつもは試験後に、会場の最寄駅の近辺でお茶しながら、反省と反芻、そして、この投稿の下書きをするんですが、今回は、色々あって、してません。ほぼほぼ、真っ直ぐ帰宅しました。

ただ、ちょうど千葉そごうで九州物産展をやっており、カミさん要望にて、太宰府名物・かさの家の梅ヶ枝餅を購入。

6か月ぶりくらいに食べました。やっぱ、美味しゅうございますわね!

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:イギリス人女性ナレーター、マギー:マギー・コーエン(Maggie Cohen)。グラスゴー出身の24歳。趣味は日本語学習。発音は「コーエン」が正しいが「コーヘン、来ォへん(関西弁)」と言う持ちギャグあり。得意なカラオケは「天城越え」で、サビは “I'm Maggieeee Co-hennn~♪”と空耳で唄う。と言う、私の勝手な脳内設定w

“TOEIC公式みんなで模擬受験” 結果詳細+今週のお題

f:id:pojama:20200922224130j:plain

2周目が終わりました。では、結果を晒します。

と、その前に、「1周目とか2周目とかって、何?」と言う方へ。

これまで何度も書いているとおり、私は、公式の問題集を解く時は、

1周目:本番を想定したタイムマネージメントで解く
2周目:時間を気にせず、何度も精聴・精読して解く

2周目が終わってから、初めて答え合わせをするんです。

って、ことです。
それでは、ご笑覧あれ~。

1周目の結果

まずは 1周目から。
本番を想定したタイムマネージメントで、休憩・チート無しで解いた結果です。

画像は、私がいつも使っている素点換算ツール。*1

f:id:pojama:20200928000255j:plain

結果は 790点。ふーむ、思いのほか、イケたな。
スコアは換算レンジの真ん中を表示しています。
レンジとしては、765~810でした。

【Part1】正答率 100%
何となく普通に解けたな、と思ったらホントに全問正解してた。
最近ずっと、2問くらい落としていた感があるので、これはちょっと嬉しいです。

【Part2】正答率 88%
超・苦手なイギリス人女性ナレーター、マギーが跳梁跋扈してましたが、比較的対処できましたね。これも嬉しい。*2

【Part3】正答率 67%
予想どおり、Part3 がヒドかったですね。

実は、最後に受けた本番の公開テスト(2019年12月の第246回)も Part3 がヒドかったんです。
これが、今のトレンドなのかもね。私だけが難しく感じているのかもしれませんけど。

あ、ひょっとすると、Part2 中心だったマギーが、Part3 にも進出してきたのが、難しく感じている理由かも?

【Part4】正答率 83%
これも、ややお見舞いされちゃった感がありましたが、思いのほか、立ち直れていたみたいです。

【Part5】【Part6】は、それぞれ正答率 97%、94%。
全然イケてましたね。てっきり、「簡単そうに見えて引っ掛けでヤられる」パターンが沢山あるのかと思ったら、本当に簡単だったのでした。

【Part7】正答率 69%
Part7 はトリプル・パッセージ直前で時間切れ。15問オール塗り絵だったので、こんなもんでしょう。

それ以外の部分は 34/39 で正答率 87%なので、私としては、まぁまぁな精度ではあります。

因みに、トリプルの塗り絵15問の正答率は 3/15。4択とは言え、引きが弱いわねぇw

2周目の結果

では、2周目。
こちらは時間を気にせず、思う様、精聴・精読で解いています。

f:id:pojama:20200928001732j:plain

結果は 935点(レンジでは910~955)

まぁ、精聴・精読した結果なので、この高得点は当たり前です。

因みに、1周目でオール塗り絵だったトリプル・パッセージ15問は、全問正解でした。チッ。

要するに、時間を掛けさえすれば、現時点での私でも、この精度で正答できるってことですな。

つまり、「あとは速度の問題!」なんですねぇ。

まとめ

とは言えども、だ!

難易度は、若干ですが、低かったように思います。

ひょっとすると、コロナ禍により、長い間、試験から離れてしまったTOEIC学習者に対する斟酌・忖度があったのかもしれません。

前回も書きましたけど、今回の模試は若干、手心が加えられていると思います。

総じて、難易度は、前より低めに設定されているのではないか、と。

トリプル15問オール塗り絵、Part3 でアレだけお見舞いされといて何言ってんだ、こいつ?って感じだけどw

だって、私が「加齢なる劣化」カテゴリーを付けてないくらいですもん。
当初は、自らの劣化具合を自虐しまくる投稿になる予定だったんよね。
(その体で書いていた下書きが無駄になったわw)

おそらく本番では、これよりは、もう少し難しめになるんじゃないかなぁ。

それと、ヘッドフォン無しとは言え、やはり自宅でマッタリ、場所はスピーカーのド真ん前ってのも解答精度の向上に寄与していると思います。

リスニングに関しては、ホント、場所の当たりハズレに左右されますからね。

難易度とは関係ありませんが、問題と解答しかなくて解説がないから「不正解の理由がわからない」ってのが、いくつかありました。

韓国公式過去問(解説が韓国語だから、なんで不正解になったのか理解できない)を解いた時のような隔靴掻痒感があります。*3  *4

いずれにせよ、来月の本番に向けて、良い準備運動になりました。

で、まぁ、大抵の人は、ここから勢いをつけて学習に励むんだけど、私は…。

私の場合は…。

言わせんなw

今週のお題】好きなおやつは何ですか?

今週のお題「好きなおやつ」

私は TOEIC を受ける 1時間くらい前にチョコレートを、1~2かけ食べます。
TEX加藤先生リスペクト!)

ただ、それだと、お題的な面白みがないので、ここは純然たる「私の好きなおやつ」で。

うーん、迷うわぁ。

クルミッ子

沢山ありすぎて、もう永遠に投稿できるって感じですが、今の気分ではコレ!

f:id:pojama:20200928013723j:plain

言わば、普通のエンガディーナ(エンガディナー・ヌストルテ)なんだけど、なんかー、何かが違う。

その違いを私には説明できません。
なんちゅうか、とにかく美味い。

クルミッ子 | 【公式】 鎌倉紅谷オンラインショップ
(これもう書き飽きたけど、収益化してない素のリンクです。副業はやってないよ!)
※会社の人向けのエクスキューズです

黒糖フークレエ(次点)

次点はこれだぁ!

ヤマザキの黒糖フークレエ。

なんかー、最近食べてないんですけどね、大好き。

これね、消費期限が早くて、かつカロリーがバカ高いから、見かけても中々食べられないの。

ヤマザキの製品の中では数少ない(ってか、唯一?)「添加物メチャメチャ控えめな」(ってか、多分入っていない)製品なんですよ。

で、その辺の謎について別のブログで書いてます。

因みに、黒糖フークレエ でググると、上記の私の記事が、1ページ目のトップの方に出ます。
(なんでだw)

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:私がいつも使っている素点換算ツール:「使っていた」かな?これ使うの去年の6月以来だもんw

*2:イギリス人女性ナレーター、マギー:マギー・コーエン(Maggie Cohen)。グラスゴー出身の24歳。趣味は日本語学習。発音は「コーエン」が正しいが「コーヘン、来ォへん(関西弁)」と言う持ちギャグあり。得意なカラオケは「天城越え」で、サビは “I'm Maggieeee Co-hennn~♪”と空耳で唄う。と言う、私の勝手な脳内設定w

*3:韓国公式過去問:正式には、TOEIC定期試験既出問題集。国内には存在しない「公式の過去問題集」が韓国にはあります。出した理由については、まぁ、色んな事情があるようですw

*4:隔靴掻痒:かっかそうよう。靴の上から足を掻くような、もどかしいさま