[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を目指すオレのためのブログ

アラカンの老兵SEがTOEIC900点超えを目指す!

【今週のお題】お薦めのプログレ

今週のお題「お薦めのプログレッシブ・ロック

はえ

今週のお題】お気に入りのプログレ・アルバムは?

ニッチなお題の真打ち登場って感じですかね。

ってか、フリージャズ、デスメタルと来て、ここでようやくプログレ

順序、逆じゃね?はてなブログさん。

まぁ、いいやw

ま、でも、これは私の場合、即答です。

それは君、ヘンリー・カウやないか。
喜味こいし師匠の声で脳内変換よろしく)

ヘンリー・カウ(Henry Cow)と言えば、フランスのマグマ(MAGMA)、イタリアのアレア(Area)と並んで「プログレ3大バンド」の一角を成すバンドとして有名ですね。
これに、スウェーデンのサムラ・ママス・マンナ(Samla Mammas Manna)、ベルギーのアクサク・マブール(Aksak Maboul)を加えて「プログレ五大バンド」とする説もありますけどね。

で、まぁ、この中でも、とりわけ好きなのが、ヘンリー・カウなんです。

もちろん、私も、マグマはハマタイですし、アレアもハビービですよ。
そりゃそーでしょ。

でも、やっぱ最後は、ヘンリーなんだなぁ。
私くらいのプロのヘンリー・カウファンになると、その辺の生半可なファンみたいに「カウ」とか言わないの。「ヘンリー」。
って、友達か!

因みに、好きなアルバムは同着で『伝説』(Legend)と『不安』(Unrest)です。

で、どこの並行世界の話をしてるんだ?こいつw

*1

*2

*3

 ↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20210501235007j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:アクサク・マブール:昔々のパソコン通信(死語)の頃、私は、このバンド名をもじったハンドルを使っていました

*2:友達か!:これ、他の方のブログにコメントで書いた話なんだけど、再掲しちゃう。
これも昔。道端売りの缶バッジを買った時、ザッパを選んだら、お兄さんが、
「フランク?」
って言ってた。
友達か!

*3:そして、ここに挙げたバンドが、どう言うバンドで、どんなアルバムか、には一切触れない私なのであったw

TOEIC 第268回 結果速報(2021年05月23日午前)

速報、来ました。

第268回のスコアは?

2021年5月23日午前(第268回)の結果は以下のとおりでした。

815(L415 R400)f:id:pojama:20210608233610p:plain

でした!

たっはっは。

うーん、900⇒850⇒定位置(低位置)に、なし崩しに戻りそうな予感。

蔦谷定位置。なんちてー!(空元気w)

そのとおりになってるじゃねーかw

しばらくは、以下のような感じで推移していくんじゃないかと思います。

調子いい時:860(L450 R410)
調子普通の時:840(L440 R400)
調子悪い時:820(L430 R390)

これより下がるとは想定外でした。

とは言え、実はですね。結果確認をポチる時に、頭をよぎったのが、

「最悪、815 くらいかもなぁ」

だったんですよ。

で、本当に 815 だったので、心底ガックリきましたね。

まぁ、前回は確かに難しかったんですけどね、ワタシ的には。

この結果を真摯に受け止めて下方修正すると、今後は、こんな感じかな?

調子いい時:850(L440 R410)
調子普通の時:830(L430 R400)
調子悪い時:810(L415 R395)

これよりは下がらないようにしよう!

って、随分後ろ向きな話だけど、いや、マジで今、私、勉強なんかしている場合じゃないんです。
(こう云った、そこそこ長い投稿も現実逃避の顕れw)

それにしても…

900⇒850⇒815

900 が、まぐれだったとは言え、短期間でここまでの乱高下は、体験したことがありません。

2012年にその当時の最高点である 795 を取って、2014年に 700 になってしまったことはありましたが、その時は、長いブランクと、そもそも英語学習からは、ちょっと距離を置いていた時期でもありました。

それに較べれば、今回は「無勉気味」と言いつつも、割と普通に勉強もしていたのでねぇ。

でも、その前月の「【祝・900達成!】喜びの舞い」による学習の停滞が時間を置いて効いてきた可能性はあります。

ま、要するに、

ふざけた記事ばっかり書いて勉強してないからだろ」
(内なる声 or 読者様の声)

こんな声も聴こえてまいります。至極ごもっとも。

でも、これ、誰かに受けようとすらしてない「魂の発露」だから。
もう、止められないんですねぇ。

もう一つのブログに書いたけど、最近はもう「英語学習ブログの体裁を保ちつつ、英語学習風味の微かに漂うコンテンツの中に、如何にして、プログレでメタルでウゾームゾーでウマグマでスティグマでスメグマな言葉を挿入するか」に腐心している私ですw

この自らの心の泥濘の中を倒けつ転びつ(こけつまろびつ)、沈鬱と暗愁を巻き散らしながら、時にはノー勉の中に一毫のやる気スイッチを見い出し、断片的な勉強をする。

この今のスタイルが完全に定着してしまいましたね。

たまには、気合を入れて、だいぶ前に書いていたような「学習方法まとめ」みたいなのを書いてもいいかな、と思うんだけど、なんかー、そう言う渾身の記事に限ってリアクションが薄いんですよね。

雑談みたいなのは、自分のためだけのものだから、ある意味、湯水のように書けるわけだし、リアクションも気にしないんだけど、上記のような「学習方法まとめ」みたいな「誰かのためになって欲しい記事」は、時間と下準備を掛けて、もう魂を込めて書かないと書けない。一応、根は真面目だからw

で、リアクションが薄いから、やる気がなくなっちゃうわけです。

いや、そんなドカンとリアクションが来るもんじゃない、ってわかってはいるけどね。

話が盛大にずれました。

おふざけの話に戻すと、実は、まだ「今週の嘘お題」の下書きが、一つだけ残っているんです。

と言うことで、次の投稿で、あとひとふざけ。これを最後にします!
(そろそろ、はてなさんにも怒られそうだしなw)*1

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:そろそろ、はてなさんにも怒られそう:と言いつつ、「今週の嘘お題」は書いてて凄く楽しいので、思いついたら、またやるよw

TOEIC 試験前日の夜のお仕事、受注!(泣)

徹夜明けの試験(しかも午前)は是か非か!?

って、聞くまでもないですなw

さて、私と同年代の英語学習者の、とあるブログがあります。
ここ数年、更新されていないみたいですが、その方は、タクシードライバーをされています。
ブログランキングに2~3年前から登録されている方なら、ご存知の向きも多いかと)

で、この方が、

TOEIC の前日に夜仕事で、業務明けで試験を受ける

と言うことをされていたんですね。

「わぁ~、無茶するなぁ~」

と思って読んでいたわけです。

…って、まぁ、あとはタイトルのとおりですわ。

ついにオレにも来たぜ!その時が!

こう言う仕事をやっていれば、それはいつかは、やって来るのだ。

実は、今月は定例の「TOEIC当日の夜のお仕事」の日程が変更になり「TOEIC を普通に受けられる月」になるはずだったんです。

「やでうでしや」©谷岡ヤスジ

状態でしたが、ちょっと前、「TOEIC前日の夜のお仕事」の予定が別件で入ることがわかり、可能であれば調整したいなーとは思っておりましたが、結局、この仕儀に相成ったと。

「それは、あなたの調整能力の問題でしょ?僕だったら、そこは云々かんぬん」

とかヌカしてんじゃねーぞ、そこの意識高い系のアントレプレネウアー野郎!
(超・久々w)

それにしても、「当日の夜のお仕事」があることを鑑みて、せっかく午前の試験を申し込むようにしているってのに、この裏の掻かれ方。ひどくね?

今後の申込は、ギャンブルの様相を呈してきたな。
(ギャンブル苦手なの!)

まぁ、ここで不幸を嘆いても始まらない。

自分の意志で、こう言う仕事をやっているんだし。

受けさえすれば、6,490円丸々損失するわけではないし。
(つつがなく仕事が終わればね)

ちょっと前に「酔った状態で勉強しても実になるのか」について実験した結果を披露させていただきましたが、今にして思えば、アレは、この件の予行演習とも言うべきものだったのだなw

会場と電車の経路にもよるけど、1時間くらいは仮眠を取りたいわねぇ…。

7月は申込を失念!

因みに、7月は申込を完全失念
って言うか、ちょっと5月の半ば以降から、そこに思い至る余裕が無くてですね。

普通は、試験を受けた時に「あ、そろそろだよな」って思い浮かぶんですけどね。

今年は、値上げ前に駆け込みでできるだけ受けるつもりだったんだけどなぁ。

仕方ないね。ⓒビリー・へリントン

8月は、遺漏なく申し込みます。

今回の件で、午前、午後は迷うところだけど、まぁ基本は「当日夜のお仕事」が原則なので、今後も申込は午前にしよう、思うとります。

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

【今週のお題】お薦めのデスメタル・アルバム

今週のお題「お薦めのデスメタル・アルバム」

は?

今週のお題】お気に入りのデスメタル・アルバムは?

って、また随分とニッチなお題ですな、はてなブログさんw

「お気に入りのメタル・アルバムは?」ですら、相当ニッチだと思うけど。

デスメタル・アルバムのお気に入りですか。

ま、でも、これは私の場合、即答です。

Roots Bloody Roots!

「いや、セパルトゥラ、デスメタルじゃないだろ」

と言うご意見は軽やかに無視する!

デスメタル・バンドで一番好きなのは、このブログでおそらく最も登場回数の多いメタルバンドであり、メロデスのオリジネイターにして「リヴァプールの残虐王」、カーカス。

好きなデスメタルのアルバムとしても、自分的に、ほぼほぼ常に上位に位置するのが、カーカスが2013年にリリースした、“Surgical Steel” です。*1

でも「一番好きなメタル・アルバムは?」と問われると、このセパルトゥラの『ルーツ』になる。
それが「一番好きなデスメタル・アルバムは?」でも同じ。

で、このセパルトゥラ(Sepultura)。
名前と曲の一部は、タモリ倶楽部空耳アワーに登場する「ブラジルのデスメタルバンド」として知ってはいました。

聴くようになったキッカケは、1996年。
まだ、「アンチメタラー」から「遅れてきたメタラー」になりかけの頃。

渋谷のタワレコで、結構、大がかりなイチ推し的プロモーションを目にした時です。

記憶が確かなら、割と誰でも見る/通るような導線の太い、人通りの最も多いところに大々的にディスプレイされていたんですよね。

この絵面でw

1996年の話だから、メタルと言うジャンル自体は、ぶっちゃけ既に衰退期だったと思うけど、『ルーツ』はトライバルなイメージ(実際にブラジルの民族音楽をフィーチャーしたアルバムです)と、そこから想起させる「タワレコに集う意識高い系()のオレ/ワタシ達が聴いてもダイジョブ感」があったんだと思うんですよ。

で、タワレコに集う意識高い系()のワタクシも、その場で試聴したんです。
(まだ「オレはメタルヘッドだ」と言う感じではなかったけど、ハードコアは好きだったので、ラウドな音楽自体は聴けるようになっていた)

うん、即買いでしたw

まぁ、私が好きなのは、このアルバムまでで、マックス・カヴァレラ脱退以降は、それほど…。

持っているのは以下の3枚。

『アライズ』『ケイオスA.D.』『ルーツ』

『アライズ』はスラッシーなデスメタルの中に少しだけ、後のオルタナティヴ、グルーヴ、トライバルな感じの萌芽が垣間見えて、悪くはない。けど、聴いた回数は一番少ないかな。これを最高傑作と推すファンも多いですけどね。

『ケイオスA.D.』はもう、『ルーツ』への道筋が見えている感じですね。

で、この中では、やはり『ルーツ』が白眉だと個人的に思います。

ところで、

「何、クソどマイナーな音楽の話してんだ、このジジイは」

と思った、そこのお前!

3800万PVだぞ!

全世界で大人気だってーの!

君の好きなアーティストの公式動画は、3800万PVも集めているのかね?あぁ~ん?
(いや、集めてたらゴメンねぇ💕)

牛も知ってるカウシルズ ©大橋巨泉 *2
亀も知ってるタートルズ ©亀渕昭信 *3
そして、老若男女みんな知ってるセパルトゥラ!

この波に乗り遅れるな!今聴こう!すぐ聴こう!!

以上、「例の実験」の一環でしたー。*4

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20210501235007j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:“Surgical Steel”:因みに、CARCASSは、元々少しは聴いてたけど、本格的にハマったのが、この『サージカル・スティール』から、ってところが、若干の引け目を感じたりするのよね。『ハートワーク』ですらない。
(初期のグラインドコア/ゴアグラインド期のは、ちょっと気合を入れないと聴けないのw)

*2:牛も知ってるカウシルズ:いや、さすがにアラカンの私も、リアルタイムでは知らないよ、このネタw

*3:亀も知ってるタートルズいや、さすがに以下同文

*4:「例の実験」の一環:実験の結果、「今週の嘘お題」は有効であることが判明しましたが、実験用に下書きを沢山書いてしまったので、このシリーズ、しばらく続きますw

【月報】学習記録・所感(2021年05月)

【月間】サマリー

さぁ~て、先月の学習成果は?

  • 報告期間:2021/05/01(土) ~ 2021/05/31(月)
  • 1ヶ月の平均学習時間:26分 ※前月比 (+7分)
  • 1ヶ月の総学習時間:13時間26分 ※前月比 (+3時間52分)
  • 使用教材:900点特急パート5&6, iKnow!, でる1000問, でる模試, やどかり模試, 金のフレーズ, 公式問題集
  • 記録開始日:2019/02/11
  • 記録開始からの日数:841日
  • 記録開始からの平均学習時間:30分
  • 記録開始からの総学習時間:420時間48分

こんな感じでした!

学習内容 学習時間
900点特急パート5&6 1時間3分
iKnow! 2時間35分
でる1000問 58分
でる模試 2時間46分
やどかり模試 17分
金フレ 2時間22分
公式問題集 3時間25分
総計 13時間26分

【月間】教材ごとの使用率

f:id:pojama:20210601001450p:plain

総評・所感

まぁ、こんなもんですかね。

いや、全然少ないのは重々承知ですが、まぁ、こんなもんでしょ、for now。

ところで、今日は、こんな話をしようと思いましてな。

「酒酔い勉強」は身につくのか?

私は、お酒は全然強くないんですが、「浅酌低唱 寝た間は仏」が座右の銘であるくらいなので、自宅でほどよく酩酊するのは好きです。

で、「飲んだら乗るな」じゃないけど、以前は、酔った状態で勉強したことはありませんでした。

と、ここまで書けばおわかりかと思います。

最近、「酔った状態で勉強しても実になるのか」「普通に問題が解けるのか」と言う命題について、自らの身を挺して実験を行っておるわけにて。

いや、そもそもが、5月22日(第268回の前日)に、ここのところの月例になってしまっている「前日の詰め込み勉強」をしている時に、呑んでしまったわけでして。

だって、しょうがないじゃん!
出かけたら美味しそうなラザニア見かけて、買っちゃったんだもん!
ビール呑むしかないじゃん!
(逆ギレw)

その後も、何回か、「呑んだら勉強」と言うのをやっています。

で、結果として、

「実になるのか」

これは、KPI の設定もしようがないので、よーわからん。

「普通に問題が解けるのか」

これは、泥酔してなければ全然イケますね。

特にスピードが落ちている感じもしない。

むしろ、 

「酔勉!酔えば酔うほどよく解ける」

って感じがする。
(BGMは『拳法混乱(カンフージョン)』四人囃子でお願いしますw)

やるなら、公式問題集かな。

一応、事実を提示しておきます。

以前も書いたとおり、かつての私は公式問題集の「初回1周目の初解き」の時に、素点換算で 700点台しか取ることができませんでした。

それが、去年の10月から 800 を超えられるようになりました。
(そもそも公式の初解き自体、その前は、2019年1月が最後でしたが)

以下が、去年10月から最近までの「初回1周目の初解き」の素点換算推移です。
(予想スコアは、換算レンジの真ん中の値を使用)

f:id:pojama:20210531225602p:plain

第268回 公開テスト前日の22日とそれ以降、数日に渡り解いていたのが、一番下に記載した、公式5集のTEST2 です。

リスニングは、パート4のほとんど。リーディングは、パート7のほとんど、を酔っ払った状態で解いています。
(細切れに解いていますが、全体の時間は、本番と同じ時間になるようにしています) 

ね?全然できてますでしょ?

まぁ「呑んでなければ、もっと取れたのでは?」って疑念もありますがw

公式問題集以外だと、「高地トレーニング」系の問題集を精聴・精読で、なんてのも選択肢としては、いいんじゃないかと思います。

出る1000とか「心を折られる」系は、心身を苛むので、呑んだ時は止めといた方がいいでしょうね。
(健康な時ですら、ヤラれるからな、アレはw)

ボキャビルは…これも微妙感あるね。なんかー、これは実にならない予感がする。

なので、酔っている時は、ボキャビルはやりません。

今のところ、初解きできる公式問題集は無くなってしまったので、当面は、呑んだ時は、でる模試かなー、なぁんて考えています。

って、何で呑むこと前提なんだよw

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

【今週のお題】お薦めのフリージャズ・ドラマー

今週のお題「お薦めのフリージャズ・ドラマー」

へ?

今週のお題】お気に入りのフリージャズ・ドラマーは?

って、また随分とニッチなお題ですな、はてなブログさんw

「お気に入りのジャズ・ドラマーは?」ですら、相当ニッチだと思うけど。

フリージャズで、さらに、その中でもドラマーのお気に入りですか。

ま、でも、これは私の場合、即答です。

ハン・ベニンク!

こっち見んなw

結構な回数、来日してるけど、んーと、1回の来日で2回見に行ったこともあるので、都合、4回だな、見たのは。

まぁ、ガッカリしたことは1回も無いですね!

どんな人かと言うと、時は1995年、パソコン通信(死語)の頃、ニフティのフォーラムに書いた私の発言を時空を超えて再掲載。(省エネw)

  • 其の壱:セットが凄い(^^;
    普通ドラムセットは3点セット(スネア、バスドラ、ハイハット)を中心にタム、フロアタム、トップ&クラッシュシンバル等々付属する訳ですが、この人は3点セットのみでした(^^;
    今ならまだしも当時こんな奴他に知りません(^^;
    しかもハイハットチベット密教で使用する乳鉢のようなくぼみの深いバカでかいのを付けており、演奏中、頭に被って自らの頭をコンチキチンと叩くのです(^^;
    その間緻密なアンサンブルが乱れることはありません(^^;;
  • 其の弐:格好が凄い(^^;
    寒い時期と記憶していますが、半袖短パン、頭はネイビーカットで酔っているのか赤ら顔の髭面でした(^^;
  • 其の参:ハサミが凄い(^^;
    裁ちバサミを持ってショッショキショキショキとケチャのような超バカテクのシンコペを刻むんですが、曲がピタッとブレイクする場所にくると、そのショキショキやってるハサミを間髪入れずに開いてピタッと自分の耳に当てるんです
    で、客席を見てニヤッと笑うんです(^^;
    あーイヤだ(^^;
  • 其の四:ドラムソロが凄い(^^;;;
    曲の途中でも床とか叩きながらどっか行っちゃう人(^^;ですが、いざセットに座ってソロを始めると…そりゃもー凄いんです。
    かつて私が「カトラーもヴァンデも子供」という隔離室から石もて追われるような暴言吐いたのも実際観たらわかるのさ(^^; *1

当時のこととて「(^^;」使いまくっておるけど、それにしても使いすぎだろ、オレw

正直言って、そのソロの凄さは実際にライブで目にしないと実感できないと思いますが、その一端でも感じていただければ、と言う事で、動画を貼っておくー。
(このライブでは、かつての「3点セットのみ」ではなくて、普通のセットw)

とにかくね、「音圧」が物凄いんですよ。
バスドラが、とかじゃなくて、例えば、スネアのパラディドルの一つ一つの音から風圧を感じるんです。その場で聴いていると。

2012年のライブだから、この時、70歳くらいですかね。あたまおかしいw

途中2:40くらいで、「ハイハットを叩くスティックの端っこを口に咥えてワウワウの効果を出す」って言う、この人オリジナルの荒技をやっていますが、これももうね、現場で聴くと「ホントにワウワウかかって聴こえる」からw

で、ハン・ベニンクの思い出と言えば、横浜(ハコの名前を忘却)か、深谷エッグファームで見た時に、何枚かCDにサインをもらったんだけど、エリック・ドルフィーの “Last Date”(1965年)を渡したら、「ん?」って顔をされてね。

ま、まさか、この名盤に参加したことを、お忘れあそばされた?と一瞬、思ったけど、裏を見て「Ah...」って納得してたので、ジャケットが自分の知っているのと違ってたのかなぁ。いや、普通に忘れてたのかもしれんな。

ま、そんな微妙なことを確認できる英会話能力は当時は無かったのでね…。
(900ホルダーになった今でも無いけどな。ってヤカマシイわ!)

因みに、前述のハサミの件は、K’s Jazz Days(id:dailymusiclog)さんのブログでも言及されております。
(以前のブログが削除されていたけど、こちらに移動していたのを最近気がついた)

“Last Date” のサインもらった時の顛末についても、その削除前の記事にコメントさせていただいたような記憶。
いや、記憶の捏造かもしれませんが。

ところで、はてなブログタグで、han bennink ってのがあったので「お?あるやんけ」と思って、私も参戦。

開いてみたら、これまた全部、K’s Jazz Days さんなのでしたw

こんなんですみません。末席を汚させていただきますw

この方は、JAZZ全般お詳しいけど、特にECMと言えば、もう大家・泰斗でしょう。

ECMの話が出たところで、ついでに書いちゃうけど、実は以前、もう一つのブログにこんなん書いていたんです。

「この曲何だっけ?」って言う、アーティストとタイトルが思い出せない曲ってあるじゃないですか。「おたずね曲」。
で、この時は、最後の手段でMIDIで打ち込んだ奴を、YouTube に上げて、それを有識者に聞いて回る、と言うことを考えましてね。
結局、それを実行に移す前に解決したので、やらなかったんですが、聞こうと思っていた有識者の1人が、この K’s Jazz Days さんでした。

さらに、ついでに、ずうずうしくも、その時に打ち込んだMIDIを、このブログでも公開しちゃうのだw

“Palhaço”(道化師)/ Magico(オレ的うろ覚えカバー)

間違いなく、うろ覚えの記憶だけで作ったものです。
スマホのスッカスカ音源とショボショボアプリだけど、うろ覚えにしては結構、イケてね?
(ま、比較対象が無いとわからんよねw)

特にピアノソロは、なかなかに雰囲気出てるような気がするなぁ。
(って、自分で言うなって話だけどw)

因みに、図らずも時間はジャスト3分。
東京事変の「能動的三分間」的にカップラーメンのタイマー替わりにどうぞw

以上、「例の実験」の一環でしたー。

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20210501235007j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:「カトラーもヴァンデも子供」という隔離室から石もて追われるような:うん、めんどくさいんで説明は割愛w