[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

アラカンの老兵SEが公開テストで900点超えを目指します

今後の学習方針について

前便のとおり、2019年5月26日(第240回)の結果は 800点でした。

実質、完敗だと思います。

実は、前から考えていたんですが、来週の2019年6月23日、第241回を受けた後、勉強する内容をちょっと変えようと思いまして。今日はその話を。

と言っても、奇を衒った突拍子もないことをやろうとは考えていません
読んでいただければわかるとおり、至極当たり前の学習内容です。

新形式の公開テストのスコア推移

公開テストでの 800超えを果たすべく、3年のブランクを経て、L&Rの公開テストを受けたのが昨年12月

私のとって「初めての新形式での公開テスト」でもありました。

そこで遂に、800超えを果たし、そこからは、目標を 900超えに定めて、当ブログもスタートしました。

前回の第240回が、4回目の受験でした。
この 6か月の推移としては、以下となっています。

820830795800

つまり、厳然たる事実として、私の現在のリアルな実力は「700点台後半~800点台前半」なんですね。

そして、現在やっている勉強は、「700点台後半~800点台前半のスコアを維持するための質・量である」と言うことなんだと思います。

壁、きたー!

まぁ、つまり、これが壁って奴ですね。

最初の 820 で遂に壁を超えたと思ったら、そこがもう次の壁だった、と。

エッセンスの加藤優 先生は 840 までは順調で、その次が、855 だったので、壁を感じたそうです。
(言うまでもないけど、私とは壁のレベルが違いますw)
で、その後は、留学や TOEFL に活路を見出したとのことです。
加藤先生の壁は?

頭から見るなら、こちらをどうぞ

私も、iKnow! で少し TOEFL の単語をやっていますが、そろそろ他のこともやっていこうかと思います。後述します。

壁の前まで来るのに使ったツール群

多くの企業や教育機関が、requirement、prerequisite として求める TOEIC のスコアって、おおよそ、800 くらいが最高点だと思います。

800 より上とか、900 とかを取ろうと言うのは、より高次の英語レベルを求められる職種か、私のような趣味の英語学習者ですよね。

で、800 までなら、今まで私がやってきた、公式問題集、韓国公式過去問、パートごと学習(千本ノック!、特急シリーズ etc.)、ボキャビル(iKnow!、金フレ、金セン etc.)で十分だと思います。

この中から厳選すると(600後半以降の人の場合)

  • 公式問題集1~4(最低でも 2 と 4)
  • 金フレを含めた特急シリーズを4冊くらい
  • 文法書(一億人の英文法 か、Evergreen)

勉強の勘所を知っている人なら、これだけでOK。

600後半未満の人や、上記をやっていても伸び悩みを感じている人は、これに加えて、レベルを落とした文法の叩き直しでグンと上に行けると思います。

人にもよりますが、600半ばより下の人は、ほぼ間違いなく、中学・高校レベルの文法の基礎を、忘れているか、元々持っていないか、だと思います。(私は後者w)

以上、全て、私自身が実践して、実際に 800取るのに効果があったものです。

壁を超えるために今後やること

しかし、今現在、800 の壁を超えたところで、すぐまた、次の壁が眼前に屹立している、と言う、この現実。

で、この場合は、やはり上記に挙げたものだけを続けていては、じり貧だろうな、と思います。(私の場合は、ですよ)

それでも、今すぐに全然別のメソッドやツールに置き換える、と言うことはしません。
今までやってきたものは、今までどおり使い続けます

加えて、TOEIC に特化したものとして、今後、購入しようと思っているのは、以下です。

  • でる1000
  • 新形式精選模試
  • YBM超実戦模試
  • HUMMERさんの 990点攻略

「え?でる1000、持ってねーの?」とか「精選模試やってないとか…」とかの声も聴こえてきそうな気がするわけですが、はい、持ってません。

「860(Aランク、レベルA)が近づいたら、壁にぶち当たるだろうから、その壁に備えて買おう」と思っていたんです。何の根拠もなく。

何のことはない、その 60点手前の 800前後にして早、壁に到着ですよw

それと、HUMMERさん、こと 濱崎潤之輔 先生の 990点攻略。
いやいや、私は 990 なんて狙いませんよ。でも、900狙いの人でも持ってた方がいいかな、と思っているんです。

そして一番の問題は、やはり時間ですね。

このブログに学習記録を上げ続けることで、私は、齢アラカン*1)にして初めて、毎日勉強する癖をつけることができました。見ていただいている人には、本当に感謝!です。

でも、まだまだ時間が足りていない。ここをどうするか。確たる方策は見つかっていません。

TOEICに特化しない勉強」キャンペーン第一弾!

さて、すぐには他のメソッドやツールには置き換えないと言いつつ、そろそろ、TOEICに特化しない何らかの教材を使ってみようと思いましてね。

名付けて、TOEICに特化しない勉強」も本格的に始めてみようキャンペーン!!

その第一弾は、DUO 3.0!
そう!この圧倒的名著を、私はこれまで立ち読みチラ見しか、したことないのだ。

ワッハッハ、ちょっと楽しみだったりしていますよ。 

7月は受けないことに決定!

2019年7月28日の第242回は受けないことにしました。

スケジュール的には受験可能なんですが、7月は、相当にお仕事のスケジュールが詰まっており、特に試験の前週はもうヒドイことに。
と言うことで、今回は、勇気ある撤退。

8月は、そもそも試験が無いので、次は9月、10月となります。

そこに向けて、ひたすら積み上げて行こうと思います。

しかしながら、まず今は、来週 6月23日の第241回に向けて、これまでどおりの勉強をしていきます。 

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEICランキング

*1:齢:「よわい」って読んでね!

第240回 結果速報(2019年5月26日)

速報が来ました。今回、早かったですね。

2019年5月26日(第240回)の結果は以下のとおりでした。

800(L415  R385)

f:id:pojama:20190615184100p:plain

でした!

正直、前回の 795点より下がる可能性も考えていたので、その点ではホッとしています。

しかし、うーん、一応、800点台には戻ったけど、実質、完敗ですなぁ。

前回ガクンと落ちたリーディングについては、結構テコ入れしたつもりでしたが、蓋を開けてみれば、前回よりは上がったけど、前々回をやや下回る程度。戻ってすらいない。

逆にリスニングが下がってしまっているのは、パート1 とパート2 を盛大に間違えたからじゃないかと予想。アビメを見てからじゃないと何とも言えないですけど。

今後の学習プランについては、ちょっと考え中、ってか前から考えていた方針を次のエントリーにて。
(まぁ、大したもんじゃない。当たり前の奴ですけどね)

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEICランキング

【金フレ比較】旧版・改訂版・アプリ

語り尽くされている気もするけど、一応、私なりに新旧比較なぞ。

以前書いた、これ↓についても、本記事の中で書こうと思います。

金フレは、最近までずっと書籍で回していましたが、久々に abceed analytics のアプリを使って、ちょっと新たなやり方を模索中。

ダラダラと冗長になってしまったので、全部見るのがめんどくさい人向けに、4行でまとめるとこうなります。

  • 金フレの改訂版は発音記号があるのが良い!
  • 金フレの改訂版から削られた単語でも覚えるべきものはある!
  • abceed は無料でも使えるが、個人的にはプレミアムで使うのがお薦め!
  • abceed+金フレは、穴埋め4択モードにして選択肢を手で隠せ!

よし!じゃ、暇な人は、以下、頑張って読んでくれ!w

金のフレーズ新旧比較

と言うか、マジで新旧比較は語り尽くされていると思うので、abceed analytics を使った、最近の私の学習方法の方を中心に書こうと思います。

と言う事で、新旧比較はサラッと行きます。

発音記号!

今、学校教育で発音記号がどう言う扱われ方をしているか、私は全く知りませんが、少なくとも自分の中学~大学にかけての英語の授業で、発音記号について教わった記憶はありません。

私の場合は、小学校の時に行っていた英語塾で、発音記号による発音方法を(大体)覚えました。
先生に教わったと言うよりは、自分で辞書を引く過程で覚えたのだと思います。

金フレの改訂版は「新形式に対応している」のが一番大きな特徴ですが、個人的には「改訂版には発音記号が付いている」と言うのも大きいと思います。

音声無しでも、ある程度、どんな発音をするのかわかりますからね。

旧版にあって改訂版には無い、覚えておくべき単語!

改訂により、旧版に載っていた単語から、それなりな数が削られています。

近年の出題傾向から外れたものを外しているのだと思われます。
もしくは、新形式向けに追加した単語と掲載スペースとのトレードオフもあるでしょう。

改訂版から削られたけど、これは覚えておいていいんじゃないかなぁ」と思うものも結構あります。TOEIC 云々は関係なく。

ここでは、見出し語を中心に、それらの単語をバババーッと挙げておきます。

「必須である」とすら思える奴はハイライトしておきます。
(見落としで、実は改訂版に入ってた、なんてのがあったらゴメンナサイ)

abide, acquaintance, affiliation, affluent, alliance, barely, bargain, blame, boast, candidly, comply, confines, consistent, discrepancy, discretion, distinct, eloquently, embarrassing, endangered, enlarge, exquisite, firmly, fraction, gather, infer, infringement, intriguing, jargon, liquidate, masterpiece, momentum, norm, outfit, poised, refute, reportedly, revert, rinse, ripple, sealed, sequence, sleek, sparingly, stem, subtle, timepiece, trash bin, unbiased, unrivaled, utmost

意味は自助努力でよろしくw

エロく、エントリー、雄弁に!

1つだけ言うと、個人的には、eloquently が外れたのが、ちょっと、さびしかったですね。TOEIC での重要単語とは言えないかもしれないけど。

「エロく、エントリー、雄弁に」って覚えた、想い出深い一品だったのでw

以上、ホントにサラッとですが、新旧比較は、このくらいにして、次行きます。

アプリ(abceed analytics)基礎編

では本記事の本題。

そもそも abceed analytics については、これまで、ggrksレベルの説明しかしていなかったので、まずは、この記事で、ちゃんと書く事にします。
「知ってるよ」「ggrks と言われたのでググった」と言う人は飛ばしてください。

ggrksレベルよりやや詳しい説明


abceed analytics は、ここで出している学習アプリです。

無料でもそこそこ使えますが、私の場合は、最初からプレミアムにしてしまったので、「無料アカウントで、どの程度の事ができるか?」と言う点については、他のサイトを参考にしてください。

プレミアム(月300円~)にすると、MyBooksへの登録が無制限になり、それをオフラインで利用できます。

さらに上位の Unlimited にすると、電子書籍(全てではないが)落とし放題となります。

私はロングコミューターで、かつ、地下鉄の区間が長いんです。そして、地下鉄で比較的繋がりにくくなる格安SIMユーザーでもあります。

つまり「オフラインでちゃんと使える」事は、学習時間を伸ばす重要なファクターなのです。

アプリ内で電子書籍を購入

TOEICの参考書として有名な書籍の多くが、アプリ内で電子書籍として購入可能です。
abceed のWebストアだと更に安く買えます。

f:id:pojama:20190613002217p:plain

また、書籍版を先に買ってしまった、と言う人のために「紙割」と言うインセンティブがあります。

Webストアの割引きと紙割が同時にに適用可能かは、紙割を行使した事がないのでわかりません。

アプリ(abceed analytics)活用編

では、これ以降は、金フレに関して、アプリと書籍の時系列での購入履歴と、それに加えて、どんな勉強方法をしていた(している)か、について書きます。

2012年:旧版の金フレ(書籍)

旧版の金フレを書籍で購入。
初版で買ったはずです。

2018年:改訂版の金フレ(アプリ+電子書籍

新形式対策のため abceed analytics で改訂版の金フレを電子書籍で購入。

以前も書いたとおり、私は、アプリで電子書籍を先に購入してしまったので、書籍版を先に買った人向けのインセンティブである「紙割」が使えません
この時は、書籍は買わないつもりでいたので。

このアプリでやる学習については、旧版の金フレと比較しても、かなり回したと思います。(回数記憶になし)

英→日、日→英、音→日、穴埋めの4モードで、音声による学習、などアプリならではの学習方法がメリットです。

特に、abceed の再生アプリは中々良い出来。
再生は 1.3倍にしていますが、凄く自然に聴こえます。

また、発音練習のために「速度を一旦、遅くして、そこから段々速くしていく」なんて事をする場合も、遅い/速いに関わらず、その自然さは変わりません。

f:id:pojama:20190613002530p:plain

ただ、アプリ版に関しては、不満もありまして。

書籍だと、穴埋めが、最初の1文字だけ表示されていますよね。
アプリだと、これが全文字非表示なんですね。
その代わり、4択になります。
(何か設定で変えられるとかじゃないよね?)

1文字を頼りに記憶から retrieve する、と言う事ができないのが若干、物足りなさを感じる部分だったんです。4択の方が簡単ですからね。

2019年:改訂版の金フレ(書籍)

金セン、こと、金のセンテンス購入。それと併せて、改訂版の金フレも、あらためて書籍で購入。
これこれ!この1文字を頼りに記憶から retrieve するこの感じね!
これが金フレだよなぁ。
やっぱ、ジジイは書籍だぜ!wって事で、書籍で3回ほど回しました。

2019年:再び、アプリへ(800ホルダーのオレが600点レベルで全然解けなくなる方法)

そして最近、アプリに戻ってきたわけですが、「1文字を頼りの穴埋めが無い」事を「負荷をかける形で学習する」事に転化する、と言う方針に倒す事にしたんです。

つまり、どう言う事かと言いますと、常に穴埋めの4択モードにして選択肢は手で隠すようにしたんです。

こうすると「今まで普通に正答できていた問題が全く解けなく」なります。

600点レベルでも解けない

「attain?obtain? gain?…ゲッ!earn かよ!」

みたいな。

これ、いいですよ。コロケーションまで気にしないと、なかなか正答できないようになるし。

やるなら、先に書籍で3回くらい回して、記憶が鮮明なところで始めた方がいいです。

まとめ

以上、ちょっとゴチャゴチャと、取りとめのない、まとまりのない感じですが、わかりましたかね?

最初に書いた、まとめの4行を今一度。

  • 金フレの改訂版は発音記号があるのが良い!
  • 金フレの改訂版から削られた単語でも覚えるべきものはある!
  • abceed は無料でも使えるが、個人的にはプレミアムで使うのがお薦め!
  • abceed+金フレは、穴埋め4択モードにして選択肢を手で隠せ!

機会があれば、内容を分けて、もう少し わかりやすくリライトするかもしれない。
(しないかもしれないw)

ともあれ、上記に書いたように、アプリでやって、また書籍に戻って、併行して金センもやって、ってのを繰り返していくって感じでしょうね。


 (会社の人へ⇒)収益化してない素のリンクです!副業はやってないよ!! 

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEICランキング

【週報】学習記録・所感(~2019/06/08)

【週間】サマリー

さぁ~て、先週の学習成果は?

  • 報告期間:2019/06/02(日) ~ 2019/06/08(土)
  • 1週間の平均学習時間:76分 ※前週比 (-29分)
  • 1週間の総学習時間:8時間51分 ※前週比 (-201分)
  • 使用教材:900点特急パート5&6 , iKnow! , 金フレ , 公式問題集
  • 記録開始日:2019/02/11
  • 記録開始からの日数:118日
  • 記録開始からの平均学習時間:86分
  • 記録開始からの総学習時間:170時間5分

こんな感じでした!

f:id:pojama:20190609004754p:plain 

【週間】日単位の積み上げ学習時間

f:id:pojama:20190609001528p:plain

【週間】教材ごとの使用率

f:id:pojama:20190609001540p:plain

総評・所感

先週については、ちょっと「失速が加速」気味ですね。
2時間はおろか、100分を超えている日が 1日も無い。ヤバい。

えーと、仕事は、まぁ忙しかったですが、先週は、どう考えても先々週よりは勉強をする余裕がありました

でも勉強できていない理由:

  1. ブログをレスポンシブデザインに変更するのにハマっていた
  2. もう一つのブログの方の下書きストックを書き溜めるのにハマっていた
  3. 素点換算ツールの Googleスプレッドシートの修正にハマっていた
  4. 電子レンジが壊れたので、検討と購入で家電屋巡りをしていた

1. ブログをレスポンシブデザインに変更するのにハマっていた

私の はてなブログは「素」です。PROではありません。なので、単純にレスポンシブデザインに変えただけだと、色々不都合があります。*1
その、PROでないが故の不都合を解消するのに、あれこれトライ&エラーをやっていたら、勉強する時間がなくなってしまいました。

2. もう一つのブログの方の下書きストックを書き溜めるのにハマっていた

このブログの下の方でリンクしていますが、私は元々、ココログでブログを書いています。ここより更に雑談成分多めで、音楽(プログレ、ファンク、メタルetc.)と食べ物や旅行の話が中心のブログです。

で、最近、自宅近所で、ハクビシン(ジャコウネコ科の帰化動物)に遭遇しましてね。今回半年振りに記事を投稿したんです。

その後、カチッとスイッチが入って、最近全然書いていなかった音楽関係の記事のストックをついつい書き溜めしてしまい、勉強する時間がなくなってしまいました。

3. 素点換算ツールの Googleスプレッドシートの修正にハマっていた

これは、TOEIC に関係する話ではありますが、これ自体は勉強ではありません

私は公式問題集を周回する時に、「前にやった時に素点合計が低かったもの」を対象にしていました。

でも、「自分としては比較的、素点が取れた」問題集3 の 3周目をやった時に、意外と素点が取れていないパートがあった事を再認識できたので、ちょっと深掘りしてみようと思ったんです。

さらに言うなら、公式問題集1~4、韓国公式過去問の中で、「何回やっても間違える奴」を中心に解いたら、結構な高地トレーニングになるのではないか、と考えたんです。

で、その「何回やっても間違える奴」をデータとして管理するのに、いつも使っている、素点換算表のツールをエンハンスしようと思いまして。
(ツールについては下記リンク参照)

仕組みの改修は概ね完了。でもデータ移行がね…。
紙の回答用紙に書いた奴を手で転記するのに手間取っています。

因みに、abceed analytics で模試を解けば、簡単にデータ化できそうですが、それだとアプリ内だけに閉じてしまって、自分の見やすい方法で俯瞰的に可視化ができないので、自前でやる事にしました。

エンハンスした素点換算ツールについては、その内に、再度公開したり、しなかったり。*2

4. 電子レンジが壊れたので、検討と購入で家電屋巡りをしていた

long deliberation の末、SHARP のウォーターオーブンレンジ「 ヘルシオ グリエレンジ」にしました。

どうでもいいですねw

でも、事実として、これに取られた時間のために、勉強する時間がなくなってしまいました。

ま、上記1~4 のいずれも、勉強できていない理由にはなりませんけどね!w

とにかく、このところ、パート7を全然やっていないのがマズイ

公式問題集はリスニングの速度を1.3倍にした高地トレーニングしかしていません。リーディングはやっていない。

今日からやります!

まず、公式問題集4のTEST1、TEST2、それぞれ 5周目に着手。
その後は、上記で挙げた「何回やっても間違える奴」を中心に、韓国公式過去問の中で、まだ1周目をやっていないのをやります。

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEICランキング

*1:私の はてなブログは「素」です。PROではありません:今後もPROにする予定は無いけど、広告を消すためだけにPROにするかどうか、と言う点では今も逡巡中

*2:再度公開したり、しなかったり:公開用のサンプルを準備するのが面倒なので、もう「閲覧のみで全公開」してしまおうか逡巡中

【月報】学習記録・所感(2019年05月)

【月間】サマリー

さぁ~て、先月の学習成果は?

  • 報告期間:2019/05/01(水) ~ 2019/05/31(金)
  • 1ヶ月の平均学習時間:131分 ※前月比 (+66分)
  • 1ヶ月の総学習時間:67時間54分 ※前月比 (+35時間30分)
  • 使用教材:900点特急パート5&6 , iKnow! , 炎の千本ノック! , 金のセンテンス , 金のフレーズ , 公式問題集
  • 記録開始日:2019/02/11
  • 記録開始からの日数:110日
  • 記録開始からの平均学習時間:87分
  • 記録開始からの総学習時間:159時間12分

こんな感じでした!

f:id:pojama:20190604214401p:plain

【月間】教材ごとの使用率

f:id:pojama:20190602190647p:plain

総評・所感

今年2月に学習記録を付けだしてから、先月5月で 連続100日を超えました。

最初は「なし崩しに 0時間が続いたりするんだろうなぁ、だってオレだものw」などと考えていましたが、3月と4月に、1日10分とか20分程度の危機的状況が何度かあったものの、蓋を開けてみれば、連続 100日超え

5月の1日当たり平均学習時間は、131分。
平均を伸ばせたのは、休日出勤もあったとは言え、曲がりなりに GWがあったからでしょうね。

それにしても、いやー、大したもんです、我ながらw
まぁ英語学習者としては、まだまだ圧倒的に少ない学習時間ですけどね。

正直言って、連続記録を伸ばす事にはこだわっていません
慶弔時とか、何をどうやったって勉強できない日はありますから。 

そうは言いつつ、そう云ったイレギュラーな要因が無い限りは、毎日続けていきたいですね。

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEICランキング

【週報】学習記録・所感(~2019/06/01)

【週間】サマリー

さぁ~て、先週の学習成果は?

  • 報告期間:2019/05/26(日) ~ 2019/06/01(土)
  • 1週間の平均学習時間:105分 ※前週比 ( -8分)
  • 1週間の総学習時間:12時間12分 ※前週比 (-61分)
  • 使用教材:900点特急パート5&6 , iKnow! , 金のセンテンス , 金のフレーズ , 公式問題集
  • 記録開始日:2019/02/11
  • 記録開始からの日数:111日
  • 記録開始からの平均学習時間:87分
  • 記録開始からの総学習時間:161時間14分

こんな感じでした!

f:id:pojama:20190602010037p:plain

【週間】日単位の積み上げ学習時間 

f:id:pojama:20190602011230p:plain

【週間】教材ごとの使用率

f:id:pojama:20190602011244p:plain

総評・所感

週の前半は公式問題集、後半2日は金フレが主軸になっています。

公式問題集の方は、主に、再生速度を 1.3倍にしたリスニングが中心。
テキストは使わず、あまり今までやった事がないような事をしています。
こちらについては、稿をあらためて書きます。

金フレは、最近までずっと書籍で回していましたが、久々に abceed analytics のアプリを使って、ちょっと新たなやり方を模索中。
こちらも、稿をあらためて書きます。

どちらについても、「書籍を持たずに、スマホのみで長い時間勉強できるような方法」を工夫した結果です。

それはさておき、1日平均学習時間の最近の推移を見てみますと…

  • 週報(~2019/05/04):154分
  • 週報(~2019/05/11):136分
  • 週報(~2019/05/18):133分
  • 週報(~2019/05/25):113分
  • 週報(~2019/06/01):105分

実は、2月に学習記録を付け始めてから、1日平均100分を超えるようになったのって、5月に入ってからなんです。何と言う遅々とした歩みである事よ。

いずれにせよ、ジワジワと学習時間が少なくなっています。試験が終わって油断している、って感じに見えますよね。

ま、それもあります。でも、絶対言わないと決めていた、この言葉を何度も使ってしまいますが、やはり「忙しい」というのもあります。

昨日の土曜日も仕事で、やや遠出。
それでも 2時間できたのは、電車に乗っている時間が長かったから。

駅を降りて、仕事先に向かい、仕事を終えて駅に戻ってくるまでの間は、全く勉強はしていません。
できたとしても、仕事中にはしないけど、そもそも、そんな余裕も全然無かった。

そして、家に着いたのは23時近く。そこから、後1時間ちょい頑張れるか、って言ったら、まぁ私は頑張らないねw

「それは、あなたの仕事のやり方に問題があるからでしょ?」

とか言ってる、そこの意識高い系アントレプレネウアーさんよぉ…って、やめた。
いいやもう。これ飽きたw

来月は特に仕事のリソース逼迫って感じで、7月第242回を受ける事を、ちょっと逡巡しています。
でも、8月は、TOEIC L&R の試験がないので、勉強できなかったとしても、7月のは受けておきたいような気もするし、逆に、勉強せずに受けるくらいなら、いっそ 9月に向けての準備期間にしてしまった方がいいような気もするし。

と、心は千々石ミゲルなのでございます。*1

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


TOEICランキング

*1:千々石ミゲル(ちぢわミゲル):「千々に乱れる」と似てるよね