[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を目指すオレのためのブログ

アラカンの老兵SEがTOEIC900点超えを目指す!

ソンスン問題/解答時の「書きまつがい」について

ソンスン問題

いや、そんな身を乗り出すほどの話じゃねーよ。
(え?乗り出してない?こりゃ失礼w)

以前、ジョージ・ハリスンのことを書いていて、脊髄で「ハリソン」って書いていたんですよ。

因みに世間的な表記は圧倒的に「ハリスン」なんですが「ハリソン」もそれなりにあります。

世間の表記はスンなんだけど、意識していないとソンで書いちゃうみたいなんですねぇ。

でも昔はソンが優勢だったよね。ハリスンなんて言っている人いなかったぞ、確か。

そう言えば。これもググると結構出てくるので、ご存じな お年寄りもいらっしゃるかも、だけど、映画「エレキの若大将」に出てくるセリフ。*1

「ゲー線切れちゃったの。張り替えてちょうだい。弦はギブスンね」

ゲー線ってのは G線、つまり、3弦のことね。ゲー万は5万円なw *2

この映画を初めて観たのは、エレキブームの終焉から10年以上、経ってからの話なので、もう世間的には、Gibson は「ギブソン」なわけです。「ギブスン」なんて言う奴ぁいねえ。非常に新鮮でしたわ。

更に斬新なのは、弦が切れたら楽器屋さんに張り替えてもらうって、どこのお大尽ですか?w

で、Harrison は「ハリーの息子」、Gibson は「ギブの息子」と言う語源があり、本来表記は同じになるはずが、

昔:ハリソン、ギブスン
今:ハリスン、ギブソン

と逆転しておるわけですね。

まぁ、これは「言いまつがい」とも「書きまつがい」とも言えない話ではありますけどね。
時代の変遷・趨勢により、まま、起こり得る話です。

で、ここからが今日の本題。 

解答時の「書きまつがい」について

解答時の「書きまつがい」をどう防げばよいか?

と言っても、

「このようにして書きまつがいを防ぎましょう」

と言う提言ではなくて、

「どーすれば、それをしないようになるの?オレ」

と言う自問自答でございます。

で、「書きまつがいって何?」と言う、あなた。
とても幸せな人生を送っていらっしゃいますね。

自分の中で正解がわかっているにも関わらず、解答用紙の違う箇所をマークしてしまい、可惜(あたら)見す見す素点を逃してしまうウツケモノの行為。

それが「書きまつがい」。

私が公式問題集を解いたあとの解答用紙には、

松:149、152

などと書かれています。

「書きまつがい」した箇所を自戒を込めて書き留めているのです。

 パターンとしては主に2つ。

Despite だからって D を選択してしまうウツケモノw

「後ろに SV が付いている風に見せかけて、これ名詞句な。オレを引っ掛けようったって、そうはいかないぜ」

ここまでは、オレ、やるぅ!って話なんですが、

「正解は Despite だから塗るのは D ね。ふんふ~ん♪」
(正解は A)

オレ、バカなの?(号泣) 

空所が文頭でない場合は小文字なので、比較的、ヤられることは少ないみたい。
選択肢の 1文字目が A~D で、空所が文頭に来るパターンだと、すべて、この incidental risk(と言う名の注意力散漫w)を内包しています。

逆から解いたのに上から順にマークしてしまうウツケモノw

設問とアプローチの都合上、逆に解くことってあると思うんですけど、

「こうで、こうで…ってことは、正解は A、B、C だな。ふんふ~ん♪」
(正解は C、B、A)

オレ、バカなの?(号泣) 

まぁ、どうにもならないよね、これw

上記以外に、「全く以って、なじかはしらねど塗り間違える」系も、まま、あります。

少なくとも、毎回必ず、2か所くらいの「書きまつがい」がある。
多い場合だと、4か所くらい。

これが、また、不思議なまでに、

本来、自分が塗るつもりだった選択肢は、ほぼ100%正解

なんですねー!
元々塗るつもりだった選択肢が不正解だったことって、1回くらいしか記憶に無い。

この、まったく意味のない、素点4 の欠損。

ただですね、これは例の「加齢なる劣化」とは関係無くて、幼き頃より培った「人並み外れた注意力の欠如」に因るものにて、もはやどうにもならないんですねー。

この shortcoming は、今後も付いて回るだろうなと。

そこを織り込み済みで、正答率を上げていくしかないのですよ。

これ、一応書いておくけど、仕事の時は、ここまでひどくないから!w

まぁ、英語学習は趣味だから本気度が違う、と言って言えなくも無し。

でも、ここはタモリさんの金言、

「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ! 」

を思い出して、もっと本気度を上げていかんといかんですな。

10月の申込について

第278回(2021年10月3日午前)の申込はスルーしました。午後も受けない予定です。

理由としては、10月の初旬なので「9月に受けたあと、期間として短すぎる」と言うのが 1点と、それに何と言っても、

受験料の大幅な値上げもありますしね!
(久々w)

8月と 9月の結果で、今後、英検にシフトするか、S&W を受けるかを見極めます。
(今後、L&R を受けない、と言うわけではないです。1~2回、間を空けて受けると思います)

さて、その 8月の試験は、来たる 8月22日。私は午後の第275回です。

土曜日に入っていた仕事は今のところ同僚が担当してくれる予定。前日の助走勉強はできそうです。
(これも例によって予約投稿なので、予定が変わる可能性もありますけど)

それでは、第274回、第275回を受験される皆様、Good luck!!

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
f:id:pojama:20200828192611j:plainにほんブログ村 英語ブログ TOEICへ 

*1:映画「エレキの若大将」:R.I.P. 寺内タケシ

*2:ゲー万は5万円:今も使う人がいるかどうか不明だけど、バンドマン用語(転じて業界用語)では、1~7をCDEFGABで表します