[TOEIC900点を目指すオレのためのブログ]

TOEIC900点を目指すオレのためのブログ

アラカンの老兵SEがTOEIC900点超えを目指す!

ゴールデンカムイの英語版ペーパーバックは良さげだ!

今週のお題「好きな漫画」

と言う事で、今後の学習方針について書く予定でしたが、今週のお題はちょっと面白いので、こちらを先に。

オレが挫折した勉強方法(洋書を読む)

以前書いた、この話。

結局、洋書を読む勉強と言うのは、やってないんですけど、その後になって「なんかー、マンガって言う線は有りなんじゃない?」って、思いついたんですよ。

マンガの英語版ならどうか?

と言っても、私の好きなマンガは、まず、殆ど翻訳されていないので、最初、数少ないところから厳選した候補が「のだめカンタービレ
全巻持っているし、ドラマもBOXを買ってしまうほどハマったマンガです。

ところがですね、講談社から出ている「バイリンガル版」は、日本語と英語が同時に載っているので、本来的な意味での学習には不向きだと思うんですよね。

のだめの中の象徴的なシーンで、パリに留学してから「現地で放映されている日本のアニメ(プリごろ太)でフランス語を覚える」場面があるじゃないですか。
まぁ、マンガの中の事なので、現実に則した話かどうかは別として、アレは、のだめが「アニメのセリフを隅から隅まで記憶している」「とてつもなく良い耳を持っている」からこそ、可能だったわけです。

その意味では、私も「のだめ」に出て来るセリフは「絵面を見れば思い出す」程度には読み込んでいるので、日本語は不要なんです。

さりとて、ネイティブ向けのペーパーバックだと、どうも翻訳の質が低いと言う評価が多くて、イマイチ手を出す気になれず。

ゴールデンカムイのペーパーバックは良さげ!

そこで、ゴールデンカムイです。

私の場合、結構、カミさんの影響でハマるマンガが多いんですが、これも、その一つ。

ゴールデンカムイ』は、野田サトルによる日本の漫画。明治時代末期の北海道・樺太を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトル漫画。
ゴールデンカムイ - Wikipedia

まぁ、プロットだけ見て「こんなん絶対面白いだろ」と思いましたけどね。
実際、読んでみたら凄く面白かったです。

で、英語版のペーパーバックの方も評価が高いようなので、これは買ってみてもいいかなぁ、と思っています。

私の好きな漫画家たち

最後に、好きな漫画家を列挙しておきます。今、パッと思いついたので、後で追記するかも。基本は初期ガロ系

水木しげる(超殿堂)/つげ義春(一番好き)/つげ忠男(兄貴と同着で好き)/白土三平花輪和一山上たつひこ吾妻ひでおR.I.P.)/高野文子諸星大二郎山岸凉子ハロルド作石

以下は、作家と言うよりは、作品単位で好きなもの
寄生獣百鬼夜行抄のだめカンタービレ進撃の巨人ゴールデンカムイ


(会社の人へ⇒)収益化してない素のリンクです!副業はやってないよ!!

Golden Kamuy, Vol. 2 (2)

Golden Kamuy, Vol. 2 (2)

 

↓↓↓ブログランキング参加中です!↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ